Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーダの最期のプレゼント

苦しくなるような記載がありますので、嫌な方は読まないでください。


アーダとの最期の夜

口の中の潰瘍がとても酷く、口の中をよく見てみると、

わかっていた以上に潰瘍が出来ていました。

6月に入ってから、急激に悪化しました。

ずっと気になっていたあれは、口の中の違和感だったんだ。

『ごめんね、アーダ。なかなか口の中が見てあげられなくて』と謝りました。

食べたいのに、口の中の痛みで食べられない。

でも、私の思いに応えようと栄養ドリンクを飲んでくれました。

それに砕いたステロイドを入れて。

泉先生が私に言ったこと『ステロイドを使うということは、決断するということ』とおっしゃったことをもう一度心に言い聞かせ。


アーダを抱きしめて、お互いに見つめあって話したこと。

きっとアーダはわかってくれたと思います。


私ももうその時が近いと確信していました。

水分は取ってくれるのですが、おしっこが出ない状態が続き

気持ちもしんどく、身体もしんどくなった私は母に少し見てもらって

早い時間に横になることにしました。というよりは、もう体が言うことをきかない状態でした。

アーダは少しでも風通しがよく、そして、お外が見えるようにと

ちょうど居間の神棚の下、廊下に面したところにお布団を敷いて寝ていました。
私はその横に布団を敷いていつも寝ていました。

アーダの横で、アーダに触れながら寝ていました。

30分足らずの、二回の睡眠が取れました。

するとアーダの嘔吐で驚き起きました。

始末済ませると、母が

『今、アーダがじわじわと○○ちゃんの顔のところに自分の口を持っていったのよ、お母さんにくっ付いてキスしに行ったのよ』と話してくれました。

そのとき私の頭の中は『モモと同じだわ。もう時間がないんだわ』と
アーダの最期の愛情表現を感じるよりも、悲しみガうねりのように襲い掛かり、動揺していました。
でも、母にはそれを見せるわけにもいがす、動揺を隠し、
『そうそう、モモも私におでこをくっつけてきて甘えたわね』なんて言って、アーダに声をかけてあげることも出来なかったのです。情けない。

それから母と交代してずっとアーダのそばにいました。

どこかに水がたまっているのか、呼吸するたびにボコボコと音がします。

お腹もぎゅるぎゅるいいます。

体中を撫でて、精一杯の手当てをしました。

アーダと二人だけの時間でした。

アーダがじっと私だけを見てくれていました。

とてもしんどそうなのに、とても暖かい目で私を見ていました。

二時を回った頃、呼吸がとても苦しくなりました。

夕方からずっと首を伸ばしたままの姿勢をとっています。

相当呼吸が辛いのだと思いました。

『アーちゃん、ありがとう。楽になっていいよ。よくがんばってくれたから』
『ママの所に生まれてきてくれてありがとう』と何度も言いました。

母に『アーダの様子がおかしいから起きて』と言って着たもらった途端

激しい嘔吐。それはそれは激しい嘔吐でした。

アーダの身体にたまったありとあらゆる水分が吐き出されたようです。
(2日の診察のとき、食べる量が減ってるのに体重の減りが少なすぎる。肺水腫か、胸水がたまっているのかもといわれました)

痙攣も来ている様で、あまりの激しさに私は絶叫していました。

気管虚脱、腎不全、リンパ腫、アーダになんでこんなに何重苦を味あわせるの! 食べたいのにこんなお口じゃ食べられない、飲めない、何でアーダだけにこんなに苦しめるの・・・・・・とアーダを抱きしめ泣き叫んでいました。アーダは何にも悪いことしてないのに、なんで・・・・なんで・・・・




続けざまの激しい二度の嘔吐が終わり、落ち着いたところで始末をし、アーダを綺麗に拭いてあげました。

それからずっと母と二人で見守りました。ずっと撫でていました。

次第に息が穏やかになって、呼吸が少なくなっていき 鼓動が止まりました。 私が抱いてやるよりも、首を伸ばして寝ている方が楽そうだったので、ずっとそのままで撫でていました。寝ているアーダを抱きしめるように。そして、鼓動が止まってから抱き起こし抱きしめました。

そのとき、アーダのキスが、私への最期のプレゼントだとはっきりとわかりました。あのとき、抱きしめてあげればよかつたのに。ごめんね。


モモとアーダ、本当に可愛い、やさしい子と出会えて、過ごせたことを感謝しています。

写真は6月3日にアミィかあさんが撮ってくれたものです。
120603a.jpg
120603b.jpg




4月から、毎日がいっぱいいっぱいで必死だったので、なかなか写真を撮る余裕もなかったので、本当にありがたい一枚なんです。
最期の最期まで、生き切ってくれたアーダの記録ですから。

何人かのお友達から、『生ききった』とコメントいただいて、まさしくそうだと感激しました。

アーダが最終的に診て頂いた、「先生が頼りなのです』と、とても厳しい状況で診察していただいたのは、地元の『泉動物クリニック』の泉院長です。ホモトキシコロジーの草分け的なDrです。アーダがぎりぎりまでお散歩が出来たり、食欲があったり、症状が緩和されていたのは、この療法の効果があったように思います。それと、ずっと水分は水素水 H4Oを飲ませていましたが、これもとてもよかったのではないかと思っています。
それと不思議なことに、アーダは泉先生のところに行くときは呼吸も安定し、発作も起こさず、いつもの病院のようにエアコンガンガンに効いてませんが、暑いくらいでしたが治療を受けることが出来ました。
私はすっかり忘れていたのですが、先生がアーダのカルテを見つけていました。アーダ、3歳までは泉先生に診て頂いていたのでした。なので、はじめに行った日に、元気に院内をうろうろと歩き回ったのかも?です。
アーダのことを毎回がんばっていると褒めてくれました。アーダもうれしかったようです。
でも、ある日には「ゴールデンやラブは我慢強いから、がんばるんよ。」とさりげなく、私のためにがんばってる、とうに限界は超えてるよ」と言いました。昔診て貰っていたときはまだホモトキシコロジー療法はされていなかったそうです。今年で10年目とおっしゃっていました。



アーダの最期のことはしっかりと覚えていて、記録しておかなければと思っていたのですが、ショックなことって忘れようとするんですね、人間って。
もっと時間に沿ってかきたいことがありましたが、記憶が定かでなくなってきました。

そうそう、葬儀もあって7日のレッスンもお休みしたのですが、アーダのことをとても好きだったおと君にお休みの電話をしたら、「え?」と言って黙ってしまったおと君。相当ショックを受けたことはその場でわかり心配していました。14日のレッスンに来て直ぐに、いつもの通り「おしっこ」と言ってトイレに行く途中にアーダの祭壇を見て一礼、トイレから出ると
長い時間アーダに手を合わせていました。後でお迎えに来たお母さんの話だと、相当ショックを受けてつらそうだったそうです。
何人かの生徒さんも手を合わせてくれました。
アーダ、幸せだね。みんながアーダのこと思ってくれて。


アーダを荼毘にふし、お骨あげをしたとき、アーダの前足の骨にはしみのようなものが沢山付いていました。他の骨にも。
それはひよっとすると、すでに骨髄はやられていたので、リンパ腫(白血病)
が骨にまで浸潤していたのかもしれません。
スポンサーサイト

アーダ

アーダを応援してくださった皆様、そして、お悔やみを頂いた皆様へ
本当にありがとうございます。
アーダが逝ってしまった事実を受け止めているつもりですが、
私の生活、いえ人生を占める部分があまりにも多すぎて・・・・・・
私がぼっとしているとアーダが心配して、虹の橋を渡れません。
なので、アーダのそばにいる以外は、何も考えなくてすむように、
ごそごそとかたづけしたり、ぼーっとPC見たりしています。
落ち着きましたら、レスさせていただきますので、失礼をお許しください。




今にも起きてきそうなアーダ
毛艶も黒々ピカピカ、とてもきれいです。

P1140364.jpg


あまりにアーダの存在が大きすぎたので、ぼーっとしています。

時間をもてあましています。


アーダは明日午前9時から斎場でお葬式をして、空に上ります。

先月アミィちゃんを見送ったと同じ斎場です。

きっと、モモ、ブー君、アグちゃん、アミィちゃんが迎えに来てくれていると思います。


最後の最後まで健気にがんばったアーダ。ママ思いのアーダ。


お別れのそのときまで、話しかけ、撫でています。

盲導犬アトムくん失踪事件(署名運動開始) 追記あり

署名にご協力ください。


追記
You Tubeにアップされたアトム君についての動画です。
真実を適切に伝えている動画だと思います。

盲導犬 アトム号


長崎で盲導犬が失踪したと、ユーザーが訴える報道がありました。
忽然とユーザー宅から姿を消したのです。失踪? 誘拐?
ユーザーは報道関係に対して「相棒を早く返してください」と言い、情報を求め、
協力を求めていました。
ところが、数年前よりユーザーによる虐待があり、再三協会や警察などに改善を求める声が上がっていたのです。一度は協会によって、ユーザーから引き上げられたアトム君でしたが、再度同じユーザーに貸与されました。
その後も虐待は続いていたようです。
しかし、協会によってその事実がどうも捻じ曲げられ、失踪した盲導犬の捜索などに尽力されている保護団体の活動を中傷するような新聞記事(取材をしながら真実を伝えず)がかかれました。

以前、松戸でもジョニー君という盲導犬がユーザーから虐待を受けていて、それがネットでも取り上げられ、
多方面でジョニー君を救済しようとしましたが、結局『虐待の事実はない』という協会の対応で終止符が打たれました。
人の目になって、働く盲導犬が全く守られてないのです。

私もこの事件を知ってからは、確かな、真実に基づく情報を知りたいと思いました。
冷静に真実に基づく情報を探し、見つけました。
詳しいことは「ワンコのかあさんの便り」と長崎 Life of Animalさんのブログをお読みください。



以下 「ワンコのかあさんからの便り」からの転載です。
九州盲導犬協会の不誠実な対応に、福岡県知事あてに要望書を提出することになりました。
それに当たり、公益財団法人九州盲導犬協会の事業活動改善、および監督・指導を求める署名活動を行うことになりました。
詳しくは
長崎 Life of Animal  25日のブログ
盲導犬とのよりよい暮らしを考える会をご覧ください。

署名用紙は「盲導犬とのよりよい暮らしを考える会」からダウンロードできます。
ネット署名ではありません。
印刷して、署名をして送っていただくことになります。

お手数をおかけしますが、これが、現在どこからも保護されていない盲導犬の、ひいては補助犬全体の保護・地位保全の第1歩になると思いますので、どうか一人でも多くの方のご賛同を心からお願いいたします。

1枚に5名記入できます。
代筆は不可です。
締め切りは3月31日必着です。

送り先、メールアドレス等は署名用紙に書かれています。


私、ラブドルもこの署名運動に賛同します。そして、沢山の方の目に触れるように
このように日記にアップいたしました。
これを読んでくださった皆さん、リンクされたブログ(真実に基づくもの)をごらん頂いて、
署名運動に協力ください。

この署名はどこからも保護されていない盲導犬の、ひいては補助犬全体の保護・地位保全のためです。
盲導犬育成を否定するものでもなく、多くのユーザーさんを否定するものではありません。


今年もよろしくお願いいたします。

2012年、辰年。。明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしく! !

新しき年も幸多き年でありますように。


ラブドル&アーダは、元気に新年を迎えることが出来ました。
20121910.jpg

ほぼ毎日お散歩に出ています。
最近はおばあちゃんも一緒のことが多くなりました。
おばあちゃんも安定してきたので、みんなでたのしくお散歩が出来ています。
本当にありがたいことです。

アーダはおばあちゃんから、それはそれは大きなお年玉をもらいました。
それは・・・・・・羽毛布団です。
毎晩ママの羽毛布団の上に寝て、いよいよママが寝るとなると、
「アーちゃん、自分の布団に行って」と追いやられるアーダ。
なんともかわいそうで見ていられないと、買ってくれました。
ワンちゃん用のものよりも、人用のダウンがいっぱい入ったものを
買ってくれました。以来、ママの布団には乗ってません。
2012191.jpg


朝まであったからしい?です。

さて、アーダも15歳9ヶ月。3月には16歳。
今のままゆるゆると楽しく過ごして、16歳のお誕生日を迎えたいものです。

そうそう、お正月の間に素晴らしい発見がありました。
ブログのお友達で、16歳の黒ラブ ベル君と親戚さんだとわかったのです。
ベル君、元気にお散歩しています。2月には17歳ですよ。凄いでしょ。
ベル君と同じ「ご長寿」の血がアーダにも流れているんですね。

あと、先日しないのホームセンターにお買い物に行ったときのことです。
アーダを自分で訓練して訓練競技会に出ていた頃のお仲間にお会いしました。
犬好きの仲間が集まって、自分たちでしつけや競技会の練習をしていたんです。
そのおかけで、いろんな所に出かけることが出来ました。
そして、アーダはとても成績がよくって、何度となく表彰台に立ちましたよ。
四国で初のディスク大会にも出ました。
ディスタンスでは2位、フリーフライトもやりました。参加したのは確かアーダだけでしたが。
そのかたとお話をして、いろんな思い出が懐かしく思い出されました。
と同時に、アーダの15歳という年齢の重さをとても感じました。
モモもアーダも私が30代出迎えたんですね・・・・・と感慨深かったです。

昨日・今日とまた、懐かしいお散歩仲間にお会いしました。
黒ラブのゴンちゃん。
私の姿を見つけると、体全体をクネクネしながら飛んできました。
アーダも嬉しそうでしたよ。
昨日は見ず知らずのご婦人二人の間をうれしそうに付いて歩いたり、
アーダは ご機嫌のきわみでした。
今日はまたまた・・・・・・
「あらぁ~~~」とアーダを見つけて走りよってくださった方がいました。
アーダの年を聞いて「うっそー」と何度も何度も言うんですよ。
たまたまカートに乗せていたし、靴も履いているので、『酷い病気なの?』なんて
聞かれましたが・・・・・・・
「元気でね」と言ってお別れしました。
2012193.jpg


今日作成の靴。マジックテープの付け方を工夫しました。
ほとんどずれなくなりました。
2012199.jpg


今年もアーダと一緒にゆるゆると楽しく過ごします。
皆様も素晴らしい一年でありますように。

今年もお世話になりました。

今年もお世話になりました。

皆さんの応援のお陰で、アーダは大きな発作も起こさず、

元気に年を越すことが出来ます。ありがとうございます。

私は、先週半ばから疲れが出て、絶不調でしたが、

昨日くらいからやっと復調。ただ咳が出て疲れます。


大掃除もずいぶんと出来ました。と言うよりは、手を抜きました。

年賀状もすでに投函済み。

今日は車で母も一緒に河川敷にお散歩に行きました。

車に乗る=発作が起こる=嫌なことが絶対に起こると言うトラウマがあるアーダ。


心配しましたが、無事河川敷に到着。まあ~5分かかるかかからないかの距離ですから。


車から降りると、なんと、なんと走り出しました。早いですよ。

もうびっくり。


201112302.jpg


息が上がると心配なので『アーちゃん、走らなくていいよ』と言うのですが、

本犬、どんどん走ります。

と思うと、突然止まってクンクンクンクン

と思うと、また走り出すの繰り返し。
201112309.jpg


久しぶりに一緒に来たおばあちゃんはびっくり。

速さについていけないし。


ここ2ヶ月近く、母の具合がおかしくて大変だった私とアーダ。

やっと落ち着いてきた母に安心しました。

だから、一緒にお散歩にも来れたんですけど。


本当に嬉しそうだったアーダ。
201112304.jpg

私も感激です。


この一年もとてもありがたい一年でしたが、今日はまた特にうれしい。


だって、アーダの顔つきが違うんですもの。


来年も良い年でありますように。


そして、皆さんも良いお年をお迎えくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。