Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ada1996328.blog9.fc2.com/tb.php/17-37ba9a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アーダ

9月28日の日記  酸素吸入のこと
病院に行って、交渉する前にいろいろとネットで下調べ。

医師の処方箋無く、500lの酸素ボンベとキャリー、その他必要なものを
ネットで購入できるところを発見。
ほぼそこで購入しようとは思ったのですが、なんだか納得できなくて、
その前に病院に酸素を納入している業者さんに電話をして訊ねました。
ここは、8月にDrに相談したとき、できませんと言われたところです。
だめもとで電話すると、若い女性が出ました。
「ちょっとお尋ねしたいのですが・・・・・高齢で呼吸疾患のある愛犬の呼吸困難の発作時に酸素吸入をさせないと命が危ないので、そちらで酸素ボンベをレンタル、もしくは購入できないかと」
電話に出た女性は驚いて、しどろもどろ・・・・・
結局、後で連絡しますと、電話番号と名前を聞かれ電話を切りました。

それから40分ほど経って電話がありました。

担当の男性からです。
こちらもはじめての問い合わせなので動物病院に電話をかけ聞いたのですが、院長が留守で・・・・・・云々

私:動物病院にかかっていて、発作の時は酸素吸入が一番の処置で、これまでは携帯酸素缶を使っていたのですが、その量も10缶以上になり、
先日は夜に発作が起こり酸素缶はなくなるし、発作はおさまらず救急で病院に行き、酸素吸入を受けたこと。そして、ネットで調べて酸素ボンベを購入しようとしているわけ。。8月にお宅で酸素をレンタルか、購入したいのですがとDrにお願いすると、そこでは無理ですと言われたこと、ほかに何か方法が無いかとネットで調べた結果、酸素濃縮器や酸素テント、ボンベなど医師の処方箋があればレンタルできること、かかりつけのDrもその場合は処方箋を書いてくださるといってくれたけれど、できるならば地元の業者からレンタルもしくは購入できた方が安心であること、父親が肺気腫のため、その業者さんから医師の処方で大きな酸素ボンベを購入していたこと、いろいろとお話させてもらいました。

すると、業者さんも動物のことはわからないので、私の問い合わせの後かかりつけの病院に問い合わせの電話をしたら、ひょっとするとうちの患者さんかもしれないと言われたそうです。そして、人間用なら酸素濃縮器もありますと。
私:そうなんです。8月にかかりつけのDrに相談したら無理ですといわれたことを言いました。で、現在動物ようにある酸素吸入器や濃縮器はすべて人間用のものであることも伝えました。そして愛犬には今の最善処置は酸素吸入であることを訴えると、病院が注文し、病院が私にレンタルするという形が取れると言ってくれました。
最悪、病院がそれをしてくれない場合、東京の業者から酸素ボンベを購入、酸素を使い終わって再度酸素を充填する時は、処方箋(注文)を書いてもらったら酸素は充填をする方向で考えてくれると言ってくれました。
これはなにがなんでも病院に行って話をつけなければ。
だって、「こういう形の話は初めてで」というのが引っかかって、腹がたって。
たしかにDrは問い合わせた上で無理といったはずなのに・・・・・・
またまた不信感がにょきにょき。

えらく気合が入ったラブドル。

でも、いざとなると意気地が無くて、言いたいことをうまく伝えられなかったり、言い忘れたりするので、ここはひとつアミィかあさんの応援を頼むことにしました。
いつもいつもご迷惑をおかけします。

6時半に駐車場で待ち合わせ。
病院に入ると先日救急で診ていただいたM先生が対応。

「今日は酸素のことでご相談に来ました」というと、「あ~業者から問い合わせがありました、アーダちゃんですか、S先生は診察中なので少しお待ちください」と。
そこでアミィかあさん「先生、忙しくて大変でしょ」と。
このつかみ、アミィかあさんのこのつかみがいいんです。
なにせ、私は「絶対に酸素とってもらうんだ! !」と鼻息荒く戦闘モードですから。
アミィかあさんの一言は潤滑油の働きですわ。

待合で漫才いえ、楽しいおしゃべり。。だって、楽しいんですもの。

そして、いよいよ「○○さん」と呼ばれる。

私:ははっ、○○さんに○○さん二人」なんて診察室に入りながら意味不明な発言。
アミィかあさんとは、苗字が同じなので・・・・念のため。

アーダのことで相談なのに、アミィかあさんもいてDrはちょっとびっくりかな。

で、部屋に入ると早速業者に問い合わせたことを言うと、

「ぼくが電話した時は無理といわれた」と。

それから一気に言いたいことをいっちまった。すごいぞ! ! 
先週救急で診てもらった後にも、土曜日に、ウンチに出た途端また発作を起こして、酸素缶を何本も使ったけれどなかなか発作が収まらなかったこと。このままでは他の臓器にも悪影響が出てきて、せっかくメラノーマをやっつけることができそうなのに、寿命より先に気管虚脱で死んでしまう。絶えられない。
発作を起こしても安心して対処してやりたい。そのためには酸素ボンベを自宅において対応したいことなどなと。

アミィかあさんの合いの手が入れないくらいの勢いで。

もうワタクシ、必死ですから、みたか! ! おばさんパワーを。

アミィかあさんも、アーダの発作時の辛そうな姿を言ってくれ、Drにも
「どないしても酸素ボンベレンタルしてあげて」と何度も、ここぞ!というところで言ってくれました。

本日私は攻撃的でしたので、アミィかあさんはよいしょとDrを持ち上げてくれて、結果、明日朝一番でDrは業者に電話を入れてくれるそうです。

午前中は私が仕事でいないとDrに言ってくれたアミィかあさんのおかげで、

Dr「じゃいつごろ借りられるというのを電話した方がいいよね」と。

わ~い、ほぼレンタル可能かと。

そして極めつけ。

アミィかあさん:「先生、少しでもお安くしてね」「私たち自分のことほっといてワンコのためなんだから」と。

アミィかあさん、ありがとうございました。

今日は言いたいこと7割り言えたぞ。よしよし。

食い下がってみるものだ。

ネットで丁寧に問い合わせに答えてくれた、エス・ポワールさん、ありがとうございました。

もしDrができないというなら、最初の呼吸困難になった時に私は気管虚脱ではないですかと聞いたのに、違いますと言って、結局見落としたことが
症状の進行と悪化を招いたのではと言おうと思っていました。
すんでしまったことを言わなくてよかった。いやな人間と思われるのもしゃくだから。

酸素のことはまた明日報告します。きっといい方向に行くと思います



9月29日  お買い上げ
酸素ボンベはお買い上げになります。

今日Drから連絡があり、病院の名義となり、ラブドル家で病院よりお買い上げです。
院長決済がまだなので、いったいいくらになるのかがわかりません。

減圧器、加湿器は17500円だそうですが、それは納入価格なので、
いくらになるかわかりません。

ちなみにボンベは購入価格12500円と業者さんに聞いたのですが、
それもきっとかなり上乗せがあるものと思います。

でも、酸素缶がないとか、なくなったらとかのストレスがないだけましですから、お願いしました。

私が業者に直接電話したことで動きがでました。
これからは遠慮せずにどんどん言って行きます、アーダのために。


しかし、酸素ボンベですが、他に使う子がいないとの理由でお買い上げになりました。
と言うことは、この病院では積極的にそういうことはしないと言うことなんですね。
そこまで酷い子がいないというのもありますが、積極的にかかわってもらえないのかも。

また業者に聞きたいことがありましたが、疑問がわいたのでdrに電話すると、すぐに業者に確認して折り返し電話がありました。

酸素ボンベのことも最初からこのくらい積極的に、そして私にわかるように動いてくれていたら心丈夫だったのにと心から思います。

さぁ~て、明日になるか、あさってになるか、価格はいくらになるか(院長の採決)楽しみですわ。ほほほっ。

またご報告しますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ada1996328.blog9.fc2.com/tb.php/17-37ba9a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。