Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C204] ☆鍵コメント様

鍵コメントさま、初めまして。レスが遅くなりまして失礼しました。

> 愛犬の気管虚脱について携帯から検索中にこちらのブログにたどり着いた、りんと申します。
鍵コメントさまのわんちゃんも気管虚脱なんですか?
アーダには、万が一の発作を考えて自宅に高圧酸素ボンベを置きました。
あと、ヒルトンハーブのハッカウェイを一年半くらい採っています。これがとてもいいようです。


> ブログを少々拝読させて頂いたところ、病気と頑張って向き合ってらっしゃるようなので、お節介かもしれませんがコメントさせて頂きますm(_ _)m
> 私自身は1年9ヶ月程前に愛犬の黒ラブを5才9ヶ月で亡くしました。原因不明ですが白血球がゼロになってしまい、獣医さんも極めて稀なケースで数日で回復に追い付きませんでした。
> そんな事もあり、また私自身、現在もいる愛犬たちに手作り食をしております。手作り歴は7年程になります。
> 最近購入した『ペットの自然療法事典』という本を今、慌てて開いてみたところ、シニアというライフステージのカロリー量は載っていませんでしたが、体重26kgに必要なカロリーは1270カロリー、体重27kgに必要なカロリーは1300カロリーと書いてあります。
> 個体差もあると思いますが目安としてみてはいかがでしょうか?
ありがとうございます。参考にさせていただきます。


> ハーブからのアプローチも良いかと思いますが、シニアわんちゃんと暮らした経験は無くこれからな上、ハーブに関してなど資格も無いので色々言えませんが、病気が和らぐよう願っております。
> 私もブログをやっていますが現在携帯からのコメントなので、またお邪魔させて頂けたらその時にURLを貼らせて頂きますねo(_ _)o
> 急ぎながら長々と夜遅くに失礼致しました。
ぜひ、ブログの方をお知らせくださいね。
アーダのこと、ご心配頂いて感謝いたします。
その思いがアーダと私に元気を与えてくれます。
また、是非遊びに来てくださいね。
  • 2012-04-17 09:53
  • ラブドル
  • URL
  • 編集

[C203] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ada1996328.blog9.fc2.com/tb.php/82-a3247afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

血液塗抹検査結果

一昨日病院に行き、先日の検査結果を伺って来ました。

初見・コメント
白血球系では白血球数の増加がみられ、白血球分布としては顕著なリンパ球増加症と判定されます。出現しているリンパ球の主体を占めるのは中リンパ球で、中等度の核クロマチン凝集がみられる類円形核と淡好塩基性に染色される中等量~やや広いの細胞質を有しており、核小体は認められません。
中心性の核の切れ込みを有するものが多くみられますが、形態的には成熟リンパ球と判定されるものです。このような初見から中~高分化型リンパ腫の白血化あるいは慢性リンパ性白血病が考えられます。腫瘤形成の有無や骨髄検査などを参考に診断を進める必要があります。その他の白血球の形態に著変は観察されません。赤血球系には中等度の貧血がみられますが、大小不同の多染性などの再生像には乏しく、非再生性貧血と判定されます。球状赤血球の増加、
ハインツ小体あるいはバベシアの寄生体は観察されません。分断化赤血球などの奇形赤血球が少数観察されます。血小板は塗抹上では凝集して観察されます。

診断
慢性リンパ性白血病あるいは高分化型リンパ腫の白血化が考えられる非再生性貧血

検査機関からの診断書でした。

Drはリンパ腫とリンパ性白血病のこと、治療のこと、栄養管理のことなど
わかりやすく文書にまとめてくれていました。

これで少し的が絞れたわけですが、原発は特定できません。

アーダの診断結果から治療に使われる抗がん剤は錠剤のものでした。
悪性のリンパ腫に使う抗がん剤とくらべると柔らかいというか、なすいというものらしいです。詳しく説明も受けました。
効果がでるのであればとの思いと、やはりできることがあるのであればしてやらなければと言う思いが沸き起こり、心が動きました。

が、昨晩遅くまで考え、今朝起きたときには「抗がん剤治療はしない」と心が決まってました。

抗がん剤ではないですが、制ガン作用のあるステロイドは使おうと思っています。

あとは、食事。
手作り食に切り替えてからアーダの食欲が増しています。
もともとラブの割には、がっつくほどの食い意地がないのです。
もちろん、ガン細胞の栄養源は炭水化物とたんぱく質。むずかしいですが、勉強しつつがんばってます。

また、効果がわかっているアミノ酸として、アルギニンやグルタミンをサプリで採ったらいいと教えてもらいました。
炭水化物とたんぱく質に制限があるので、その代わりとして脂肪を増やすこと。一日のエネルギー必要量の50~65パーセントにすることなど、Drからも今回は栄養指導がありました。
手作りで与えている食事の量やカロリーを計ったことがないので、なんとも言えず心配なのですが・・・・・・・
こんなときでも「なんちゃって・・・・」手作りでやっていこうと思います。

アーダの体重26.7キロ。
16歳のシニアワンコの一日に必要なエネルギー量って、わかる方がいらしたら教えていただけますか? よろしくお願いします。

手作り食のことで、良いアドバイスも頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

コメント

[C204] ☆鍵コメント様

鍵コメントさま、初めまして。レスが遅くなりまして失礼しました。

> 愛犬の気管虚脱について携帯から検索中にこちらのブログにたどり着いた、りんと申します。
鍵コメントさまのわんちゃんも気管虚脱なんですか?
アーダには、万が一の発作を考えて自宅に高圧酸素ボンベを置きました。
あと、ヒルトンハーブのハッカウェイを一年半くらい採っています。これがとてもいいようです。


> ブログを少々拝読させて頂いたところ、病気と頑張って向き合ってらっしゃるようなので、お節介かもしれませんがコメントさせて頂きますm(_ _)m
> 私自身は1年9ヶ月程前に愛犬の黒ラブを5才9ヶ月で亡くしました。原因不明ですが白血球がゼロになってしまい、獣医さんも極めて稀なケースで数日で回復に追い付きませんでした。
> そんな事もあり、また私自身、現在もいる愛犬たちに手作り食をしております。手作り歴は7年程になります。
> 最近購入した『ペットの自然療法事典』という本を今、慌てて開いてみたところ、シニアというライフステージのカロリー量は載っていませんでしたが、体重26kgに必要なカロリーは1270カロリー、体重27kgに必要なカロリーは1300カロリーと書いてあります。
> 個体差もあると思いますが目安としてみてはいかがでしょうか?
ありがとうございます。参考にさせていただきます。


> ハーブからのアプローチも良いかと思いますが、シニアわんちゃんと暮らした経験は無くこれからな上、ハーブに関してなど資格も無いので色々言えませんが、病気が和らぐよう願っております。
> 私もブログをやっていますが現在携帯からのコメントなので、またお邪魔させて頂けたらその時にURLを貼らせて頂きますねo(_ _)o
> 急ぎながら長々と夜遅くに失礼致しました。
ぜひ、ブログの方をお知らせくださいね。
アーダのこと、ご心配頂いて感謝いたします。
その思いがアーダと私に元気を与えてくれます。
また、是非遊びに来てくださいね。
  • 2012-04-17 09:53
  • ラブドル
  • URL
  • 編集

[C203] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ada1996328.blog9.fc2.com/tb.php/82-a3247afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。